いばらき腎臓財団理事長賞が人工透析談話会で贈呈されました。

New2021/11/18

いばらき腎臓財団研究助成と褒賞事業の一環として、さる11月14日
開催の茨城人工透析談話会に於いて優秀発表者5人にいばらき腎臓
財団理事長賞(褒賞)が贈呈されました。
今年度が初回で腎臓財団委嘱の5名から成る選考委員会の厳選なる
審査の結果、下記の方々が受賞されました。(談話会褒賞制度)

看護師部門
「オリジナルカレンダーを作成し当院透析患者の足病変に関する
知識が改善するか調査した」
医療法人社団 明厚会大石内科クリニック 片山操

「コロナ禍を乗り越えるために行ってきた感染予防対策について
の検証」
医療法人社団 明厚会 大石内科クリニック 鈴木弘恵

技士部門
「当院におけるCovid-19に対する血液透析の経験と工夫」
株式会社日立製作所 日立総合病院 臨床工学科  関 大輝

「超音波画像診断装置『FC1』によるAuto Volume Flow機能
の評価」
社会医療法人若竹会 セントラル腎クリニック龍ケ崎
臨床工学科 鈴木健太郎

「透析患者でのABI・SPPを用いた下肢スクリーニングの5年
間評価」
(医)社団豊済会ときわクリニック  関 拓也