財団について

Ibaraki K.F 天使ちゃん

公益財団法人いばらき腎臓財団は、茨城県民の死亡要因の8位に位置付く慢性腎臓病(CKD)対策、さらに腎臓移植の推進と普及啓発を主な柱に県民の医療福祉向上を目的に平成元年12月設立致しました。 平成9年10月に脳死下の臓器提供を可能とした『臓器の移植に関する法律』が施行されましたが、海外と比較しても我が国の提供者数は非常に少なく、臓器移植希望者に対し提供者が充足された環境には至っていないのが現状です。一方、慢性腎臓病(CKD)からの血液透析患者数は年々増加しており、今後ますます腎臓移植希望者数が増加することが予想されます。このことからも茨城県のCKD予防、移植医療への理解を広げ、提供者を増やす活動を推進して参ります。